2006年11月27日

ロッテ・瀬戸山代表にガーナ野球の支援を申し入れ!

2006-11-27setoyamamarinesforblog.jpg
この日、ロッテマリーンズの瀬戸山代表(球団社長)に東京・帝国ホテルでお目にかかることができました。アフ友からは、代表友成、理事の小須田、ポップ、高石の4名と、かつてウガプロ(ウガンダ少年少女野球チーム招聘プロジェクト)を番組化してくれたアフ友の支援者でもあるRKB放送の古賀さん。今回の面会は古賀さんのご尽力により実現しました。
ロッテを人気球団に育て、かつ強化にも成功した辣腕経営者で知られる瀬戸山代表は連日超多忙。そんな中、アフ友のために時間をさいていただけただけでなく、我々の相談を正面から受け止めていただいたことに一同感激。協議の内容は、ここでは明かせませんが、ガーナ野球に大いに関心を示していただけました。瀬戸山さん、ありがとうござました!
(写真:瀬戸山代表に支援を直訴するアフ友チーム。右端が瀬戸山代表。左端から時計周りに、古賀、友成、高石、ポップ。撮影・小須田)
posted by Tom Yamamoto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。