2006年06月15日

小平市の嘉悦大学でアフ友を語る!

Kaetsu2006-06-15-1forblog.jpg
この日、東京都小平市の嘉悦大学・経営経済学部の六限目に、「アフリカと野球」と題して講演を行いました。担当教授の山田先生は、東京六大学の東大野球部ご出身。高校時代は同じ学年だった早実・王貞治投手からヒットを放ったエピソードも。2年前、山田先生がウガンダ野球チーム招聘プロジェクトの新聞記事を見て代表友成に連絡していただいたことがきっかけで、この日の講演の実現に至りました。ガーナ監督時代のさまざまな気づきや、アフリカになぜ野球なのか、そしてアフ友の活動について、1時間20分語りまくり。嬉しいことに、約60人の学生のみなさんのほとんどが、寝ることなく最後まで熱心に聴いていただきました。終了後提出されたアンケートは、「アフリカでなぜサッカーでなく野球なのかが納得できた」「スポーツの可能性に気づいた」「三角ベースは女子でもできそうなので、参加してみたい」など、最後までよくきいていただいた証のような感想がたくさん。なかには「野球よりも先にやることがあるでしょう」なんて醒めた意見もありましたが(苦笑)。何はともあれ、みなさんご清聴ありがとうございました!次はAASの練習でお会いしましょう!
(写真上:講演中の友成。午後会社を休んで名古屋ー小平の弾丸往復でした。前日の睡眠不足もあって、体調不良気味でしたが、学生のみなさんの「気」が伝わってきて、気力充実。アンケートの結果もうれしかった!)
posted by Tom Yamamoto at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。