2006年02月25日

「キャッチボールで世界を平和に!」を詠む!

PTMIshikawa060225 008forblog.jpg
(一人ひとり短歌を詠むシーン。左から、田中章義さん(歌人)。織作峰子(写真家)、東さん(大乗寺山主)、友成(アフ友))
この日、石川県金沢市にある21世紀美術館にて、平和を語るシンポジウム「ピーストークマラソン」が開催されました。

PTMIshikawa060225 001forblog.jpg
(会場の21世紀美術館@金沢市)

PTMishikawa060225 014forblog.jpg
(ピーストークマラソンのパンフレット)

そして、なぜかこのイベントにアフリカ野球友の会の代表として友成が招かれました。で、何をしたかというと・・・。
「人と人 向き合ってこそ わかりあう
 キャッチボールで 世界を平和に」
という短歌を詠みました。
司会役の方が田中章義さんという歌人の方で、「平和」をテーマに短歌を作って思いをこめる、というコーナーでしたので、アフ友のスローガンをからめてみました。

PTMIshikawa060225 006forblog.jpg
(自ら作った短歌を詠む友成。照れくさし!)

そして、その短歌説明を通して、アフ友の理念や、三角ベース事業のことなどをばっちりアピールしました。
金沢の方々の会員が増えることを祈りつつ・・・。

PTMishikawa060225 012forblog.jpg
(新聞記事にもなりました。)

PTMIshikawa060225 010forblog.jpg
(イベント終了後、参加者の方から声をかけていただき、しばしアフリカと野球を語る!会員になってくださいね・・・)
posted by Tom Yamamoto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。