2010年01月27日

茨城大学でアフ友を「開発援助」の視点で語る

20100127_1.jpg
この日、アフ友の友成代表が講師として茨城大学に招かれ、講演を行いました。演題は「開発援助の新たな見方」。アフリカなどの発展途上国にとって必要なものはのひとつに、生きがいを提供できるスポーツ等の文化であること。そして、アフ友の活動の目的は野球の普及活動ではなく、アフリカ社会の貧困削減に、野球産業の発展によって寄与する、というアフ友ビジョンを語りました。
講演終了後は、「アフリカと白球」が完売。そして、講演後、アフ友会員に2人も入会していただき、大変濃密で成果のあった講演となりました。
(写真上:大教室で語る友成代表)

20100127_2.jpg
(写真:講演終了後、「アフリカと白球」をお買い上げいただいたみなさんと記念撮影!)


posted by 週アフ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。