2006年02月08日

星になったガーナの天才遊撃手に誓う

ガーナ三角ベース普及プロジェクト
<フォトレポート>

060208-1forblog.jpg
(写真:ガーナの港町テマの郊外にある故ジョシュア遊撃手の墓)

巡回始動3日目の水曜日。この日はまずラングーンキャンプ小学校を訪問。
060208-2forblog.jpg
(写真:担当の先生とまずはご挨拶。中央が野球に詳しいデンチ先生。今回の三角ベースの紹介も強力バックアップ!)


まずはアフ友チームとBGFガーナ人スタッフ全員で教室を訪問
060208-3forblog.jpg
(写真:デンチ先生に紹介されて、メンバーを代表し、友成が挨拶。「三角ベースは男女がボール一個で楽しめる遊びなんだぜ!」とアピール)

続いて、杉村よりみんなに配った「三角ベースの遊び方」を示して説明。
060208-4forblog.jpg
(写真:推定人数ぎっしり130人!遊びの紹介なのにこの真剣な目はいったい・・・!?)
060208-5forblog.jpg
(写真:勉強のときもこんなに真剣なのか?まるで試験前の授業のよう。)

そして、外に出て着替えた生徒から随時参加。
060208-6forblog.jpg
(写真:山口の説明に聞き入る生徒たち)

さあ、開始!
060208-7forblog.jpg
(写真:ポール(右端)の指導に従って早速試合を始める女の子たち)

060208-8forblog.jpg
(写真:ゲームの途中でも山口が貫禄十分に指導する。)

060208-9forblog.jpg
(写真:相変わらずムードメーカーぶりを発揮するポール。指導ぶりもさすが広島カープの研修をうけただけあってピカいち!)

060208-10forblog.jpg
(写真:広いグラウンドいっぱいに4箇所で三角ベース。遊び方がわかってくると動きもどんどん活発に!)

060208-11forblog.jpg
(写真:見守る生徒たち。見てないでやらせてあげたかった・・・)

060208-12forblog.jpg
(写真:形もどんどんサマになっていく!)

060208-13forblog.jpg
(写真:指導している間、友成の荷物を持ってくれていたシンシアちゃん。ガーナでは年長者やゲストなどの荷物を生徒が自然にもってくれる習慣(しつけ)があります。)

ちなみに、同時刻にシバタ・エディが昨日訪問した「アソシエーションインターナショナルスクール」に再び巡回指導。この日も2チームに分かれて活動。効率よく沢山の子供たちに三角ベースを!
060208-24forblog.jpg
(写真:はりきるシバタと子供たち)

さて、場面かわって、ここは日本大使館内。日本からきたNGOが日本の子供の伝統文化の伝達にやってきた・・・これは大使館にお伝えしたい。というわけで、友成と小須田で今回の活動趣旨を説明に行きました。
060208-14forblog.jpg
(写真:左が中村参事官。ガーナが将来的に野球産業で発展していけるよう支援したい、というアフ友サイドの夢を語ると、参事官からもいろいろと貴重なご意見をいただきました。)

次に向かったところは、港町、テマ。かつてガーナの天才遊撃手の名をほしいままにした故ジョシュア選手が育ち、生活したところ。
この日の午後、2004年11月に病死したジョシュアのご家族を慰問しました。
060208-15forblog.jpg
(写真:前列左から、小須田、ジョシュアの母、友成、ジョシュアの父、元ガーナ代表5番バッターのシェリフ、後列左から、山口、ケイケイ、ジョシュア兄、ポール)

ご自宅のリビングに通され、遠来の客としてもてなしていただきました。
060208-16forblog.jpg
(写真:ジョシュアの父に、いかにジョシュアの思い出話をする友成。彼との出会いは彼が19歳の時。野球を始めてわずか3年目の彼の守備力はすでに日本の大学野球部レベル。ガーナは天才選手を失った・・・)

060208-17forblog.jpg
(写真:ジョシュアの父がみせてくれたジョシュアの写真。代表チームのユニフォーム姿が懐かしい・・・)

次に乗り合いバスをチャーターして十数人で墓場に向かいました。
比較的立派な墓が並ぶなか、ただ単に土が盛られ、看板があるだけの墓。
それがジョシュアの墓だった。
060208-18forblog.jpg
(花を捧げる友成)

060208-19forblog.jpg
(写真:手をあわせる山口。協力隊員時代、テマで共に巡回指導をしたが、彼がガーナを去った日の朝、ジョシュアは病院で息を引き取った。そのときの衝撃がよみがえる・・・。)

060208-20forblog.jpg
(写真:教え子を失うつらさ。享年26歳。ジョシュアはガーナ野球の星になっていた・・・。左が山口、右が友成)

友成のたっての願いで、ジョシュアの息子、ジョシュア・ジュニアに会いに通学している学校を訪問。ジョシュアは未婚でしたが、子供が一人いました。
先生のはからいで、授業を中断。教室でジョシュア・ジュニアと初対面。
060208-21forblog.jpg
(写真:「僕は君のお父さんのコーチだった。お父さんは野球の天才だった。君も野球を楽しんでね」と話したところ、ひたすらはにかむジュニア。そんなところは親父よりかわいい・・・。)

060208-22forblog.jpg
(写真:みんなでジョシュア・ジュニアを見守っていこう!と誓い、記念撮影。ジュニアよ、ガーナ野球の星になれ!)

そして夕方からは、BGFのオフィスで、ケイケイ、パーカー、ナナ、小須田、友成でロングミーティング。この日の議題は、明日予定されている教育省との打ち合わせについて。三角ベースと野球の振興をどうプレゼンしていくか。何をどう伝えるべきか。めしも食わずに延々3時間。アフ友名物ロングミーティングは、ガーナにも伝染した!
060208-23forblog.jpg
(写真:BGFオフィスで喧々諤々の議論をする5人。撮影:ケイケイ)
posted by Tom Yamamoto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。