2009年08月03日

三角ベースで国際交流!

0908B891.JPG
ブルキナファソ少年少女野球チーム招聘プロジェクト2日目。合宿所からバスで大久保中央公園に移動しました。ここは、習志野市。アフリカ野球友の会の提唱から始まった「三角ベース」のメッカの地です。三角ベース市民大会や学童保育などで三角ベースを使った町おこしに取り組んでいます。
この日は、ブルキナファソの子供たちにとって始めての「三角ベース体験」です。
アフ友の友成代表から、冒頭「ぜひ、三角ベースを覚えて国に持ち帰り、ブルキナファソの子供達にひろく野球の入り口となる三角ベースの魅力を伝えてほしい」との熱い挨拶から始まりました。以下、フォトレポートです。
(写真上:三角ベース交流に参加した子供たち)

0908B002.JPG
参加者の自己紹介から。ブルキナファソの子供たちは小学校5、6年生を中心に中学生もいますが、習志野の子どもたちは小学校3,4年生以下が中心。全員を4つのグループにチームわけしてトーナメントをすることになりました。

0908B152.JPG
この日は、ブルキナファソ大使館より、ウエドラゴ臨時代理大使(右)がご出席。


0908B181.JPG
さっそくチームわけ。日本人とブルキナ人がごちゃ混ぜになってチームを組む。

0908B199.JPG
初めて触るゴムボール。早速投げてみる!

0908B297.JPG
グラブはないし、弾むしで、ゴムボールは投げるより捕るのが難しい。

0908B413.JPG
さて、早速試合開始。礼!

0908B621.JPG
習志野での三角べ^-スのルールは、攻撃チームからピッチャーが出て打たせます。

0908B623.JPG
どおりゃあ!

0908B646.JPG
うりゃああ!

0908B691.JPG
時には味方で肩組んで気合を入れる!

0908B748.JPG
すぱ〜ん!

0908B825.JPG
三角ベースはどうだった?と訊くと、「エクサイティング!」「帰ったら近所の友達に教えたい!」など、嬉しい感想が次々に。
最後に、国際三角ベース協会の木村代表からゴムボールが一人ずつプレゼントされました。

0908B169.JPG
最後に参加者みんなで、はい、ポーズ!

0908B944.JPG
さて、その後ランチを終え、向ったところは習志野市役所。
荒木市長の表敬訪問です。

0908B948.JPG
荒木市長からは、歓迎の言葉と、ブルキナファソの野球を広めるお手伝いをしたい、という趣旨のお言葉をいただきました。

0908B951.JPG
続いて、ブルキナファソ側からは、ウエドラゴ臨時代理大使より、感謝の言葉とともに、スポーツは友情を育み平和に大きな意義がある、などのご挨拶。

0908B985.JPG
最後に記念撮影!

こうして三角ベースのメッカ、習志野市での活動、表敬を終え、いよいよ本格的野球教室が午後から始まります!


posted by 週アフ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。