2008年06月19日

愛知学院大学でアフ友の原点を語る

AGU080619 004.jpg
この日、愛知学院大学「国際ボランティア入門」の講義の一環で、友成代表が受講者65人に講義を行いました。ガーナの野球に出会うまでの経緯から、アフ友の原点となるガーナ・ナショナル野球チームの出来事など、約75分。肝心のアフ友の話はなんと時間切れでなし。代表、だめじゃないですか!「国際協力は、保健医療や教育、農業などが重要ですが、スポーツや音楽など「生きがい」の共有や提供も国際協力だということを伝えたかった」とは代表の弁。学生さんからは「スポーツを通じて「自分が必要とされているんだ」ということを感じることができることは大事だ」などと核心とつくような感想も。講演タイトルの「好きなことから国際協力」をみなさんも実践してくださいね!
posted by 週アフ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。