2011年04月21日

ガーナ甲子園プロジェクト報告会開催!

001.jpg
この日、広尾にあるJICA地球ひろばで、ガーナ甲子園プロジェクトの報告会を開催
しました。主に学生を集めようと、アフ友学生部の木野、宮崎、露木が広報をがんばっ
たかいもあり、20名近くの方が参集しました。
(写真上:まずはシバタ理事からプロジェクトの概要説明)
002.jpg
そして、近藤映像ディレクターによる渾身の力作編集映像を披露。ガーナ甲子園プロジ
ェクトの概要の説明から、現地でのめまぐるしい活動の記録を軽快な音楽とともにテン
ポよく紹介。
003.jpg
そして、友成代表から、初めてアフ友に参加された学生さんのためにアフ友についての
説明を行いました。

004.jpg
最後にみんなで記念撮影!節電対応でちょっと暗かったのが残念!
005.jpg
更に場所を移して近くの中華料理屋でさらに延長戦!三角ベースプロジェクトなど、こ
れまでのアフ友の映像を紹介し、遅くまでトークは続きました。
みなさん、ご参加ありがとうございました!
posted by 週アフ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

三角ベースで福島の子供たちと!

110417HHBinChiba 007.jpg
この日、アフ友のスタッフは習志野三角べース協会の方とともに、千葉市内にあるサイクル会館を訪問しました。
ここは、福島県で被災し、避難されてきた方々を受け入れ、宿泊先として提供されているところ。
4月13日の会議を踏まえてとりあえず現地にきてみたところ、いわゆる公民館のようなところで避難しているイメージとは違い、それぞれ個室に宿泊され、いわゆる一体感は希薄な様子。
でも、先が見えない生活でストレスがないわけがない。そこで、小学生の子供たちに「三角ベースやる?」「やるやる!」と即回答。
お母さんが「これから女性の風呂の時間なので、相手をしてくれると助かります」とおっしゃられたので、早速近くの公園にいって、日が暮れるまで三角ベースで熱くなりました。
これもいわゆるひとつの「アフ友ができること」。また機会があれば継続していきたいものです。
(写真上:公園で三角ベース!)
posted by 週アフ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

東日本大震災に野球ができること

110413MTG 001.jpg
この日、東京駅にアフ友関係者が緊急集合。震災の被災者は20万人近く。
そのうち千葉県にも多数の避難された方々がいます。しかし、避難生活もかれこれ1ヶ月。
心のケアが必要との認識がひとろがりつつあるなか、アフ友が何かできることはないか。
千葉在住のアフ友会員の本間さんの提案でスタッフが集まり議論しました。
野球より三角ベースのほうがいいのではないか!?まずは現地にいってみよう!ということで、近々訪問することに。果たして三角ベースが心のケアになるか!?
posted by 週アフ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。